金属アレルギー・アマルガム除去

金属アレルギーについて

「金属アレルギー」とは、金属が汗や唾液などの体液に溶けてイオン化し、体内に入ることで発生するアレルギー反応です。アレルギーの原因となる金属には、「水銀」「ニッケル」「すず」などがあり、これらは通常使用される歯科用金属にも含まれています。そのため、口内の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を金属以外の素材に変えることで、症状を改善させることができる場合もあります。

金属アレルギーの治療について

「金属アレルギー」を引き起こしていると考えられる金属製の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を、セラミックなどの非金属の素材に変えることで症状を改善させます。「金属アレルギー」はそのまま放っておくと、「アトピー」「湿疹」「内臓疾患」「偏頭痛」などを引き起こす可能性がありますので、もし「金属アレルギー」の症状にお悩みで、口腔内に「アマルガム」などの金属が入っている場合には、すぐに大阪市・心斎橋の日野歯科医院までご相談ください。
また症状が軽度の方につきましても、将来的に悪化する可能性がありますので、予防の観点からも放置せずに大阪市の日野歯科医院で治療を受けられることをおすすめします。

アマルガムについて

「アマルガム」とは「歯科用水銀アマルガム」の略で、水銀を50%含む歯科用修復材料です。この「アマルガム」に含まれる水銀が溶けてイオン化し、体内に入ることでアレルギーを引き起こすことがあります。アマルガムガム除去について、ご不明点がある方はお気軽に大阪市・心斎橋の日野歯科医院までご相談下さい。

side_inq.png