矯正歯科

矯正治療について

「受け口、出っ歯などの歯並びが気になる」
「歯並びが悪いので、ブラッシングしても磨き残しが多い」
こうしたお悩みを解決するのに効果的なのが、「矯正治療」です。
「矯正治療」とは、矯正装置を装着することで「受け口」「出っ歯」「すきっ歯」「乱杭歯」などの歯並びを改善させる治療方法です。また「矯正治療」の目的は、お口の審美性を改善させることだけではありません。噛み合わせを正し、歯の機能を改善させることもまた、「矯正治療」の目的の1つなのです。
心斎橋の日野歯科医院では成人からお子様まで、幅広い患者様に対して「矯正治療」を行っております。

悪い歯並びが体に与える影響

  • ブラッシングしても磨き残しが多いため、むし歯や歯周病を発生させやすくなる
  • 「受け口」などの場合、サ行やタ行の発音が上手くできなくなることがある
  • 「顎関節症」を引き起こすリスクがある
  • 体全体のバランスが崩れ、「頭痛」「腰痛」「肩こり」などを引き起こす可能性がある

目立たない矯正治療

「歯並びを改善させたいが、矯正装置を装着することに抵抗がある」
「仕事柄、人前で話をすることが多いので装置が目立つのは困る」

こうした理由から、「矯正治療」を受けられることを躊躇されている方は大勢いらっしゃるかと思いますが、当院では「セラミックブラケット」「裏側矯正」など目立たない「矯正治療も行っておりますので、ご希望の方は大阪市・心斎橋の日野歯科医院までお気軽にご相談ください。

当院の矯正治療の特徴

心斎橋の日野歯科医院では、日本矯正歯科学会から認定された矯正専門医と提携し、矯正治療の日を設けて治療を行っております。また当院の院長は大阪大学で長年にわたって審美歯科治療を研究して来た専門家であり、副院長は「噛み合わせ」や「顎関節症」の研究をして来た専門家です。この2人の専門家と矯正専門医が連携し治療にあたることで、「審美性」だけでなく「機能性」にも優れた矯正治療を実現します。
さらに矯正治療中は、歯と矯正装置の間に汚れが溜まりむし歯になりやすいため、矯正治療中の口腔ケアにも力を入れております。そして矯正治療によりきれいになった口腔内を維持するためには、定期的なケアが不可欠です。矯正治療後のメンテナンスもかねて、定期健診を受けられることをおすすめします。

矯正治療の費用

治療前にかかる費用

項目内容価格(税抜き)
相談料 口腔内を診査し、矯正相談をお受けします 保険内
精密検査料
  • 口腔模型、顔面規格写真、口腔内写真、レントゲンセファログラム、身体測定などの項目が含まれます
  • 当院の精密検査料の料金には次の診断料も含まれております
60,000円
診断 矯正歯科学会の認定医による適確な診断が行われます 上記精密検査料に含まれます

成人矯正の費用

項目内容価格(税抜き)
表側矯正 最もよく使われている矯正装置による矯正です 600,000~900,000円
セラミック(プラスチック)ブラケット 金属ではなく白い矯正装置なので目立ちません 1個2,500円×本数 通常上下20本の歯に装着することが多く、その場合、50,000円
裏側矯正 歯の裏側に矯正装置を装着します 上下とも裏側からの舌側矯正
1,200,000~1,800,000円
上は裏側、下は表側からの矯正
900,000~1,350,000円
部分的な矯正 歯の一部のみ矯正を行います 歯数により
150,000~300,000円
マウスピース矯正(アソアライナー) 薄い透明のマウスピース型の矯正装置を使用します 150,000~300,000円

お子様の矯正費用

項目内容価格(税抜き)
第1期治療 予防矯正、乳歯と永久歯が混じっている場合の矯正治療です 150,000~300,000円
第2期治療 第1期治療の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です 600,000~900,000円
ムーシールド 低年齢児の受け口治療に使用可能な矯正装置です 80,000円

処置及び調整料

項目内容価格(税抜き)
管理処置料 3~4週間に一度程度の調整を行います 1回5,000円
保定観察料 矯正治療後、「後戻り」を防止するために3ヶ月~半年毎にご来院頂き、観察します 1回3,000~5,000円処置内容により多少異なります

症例

Before

■治療前
20代の男性で、叢生(歯の乱ぐい)の症状です。
反対咬合で噛み合わせに非常に悩んでおられました。

After

■治療後
約2年半の矯正治療で、きれいな歯並びと正しい噛み合わせを取り戻しました。
歯列矯正治療が終わった後、ホワイトニング治療でく白くキレイな歯にしました。

Before

■治療前
出っ歯の症例です。上の歯が前突しており、さらに上の前歯と下の歯の間に隙間が大きく開いている状態(開咬)で、上下の歯が噛みあっていない状態でした。

After

■治療後
約3年の歯列矯正により、歯並びと噛み合わせが大きく改善されました。

Before

■治療前
乳歯から永久歯へと生え変わるタイミングに、前歯が反対咬合に噛みあい、このまま放置すると将来口元の見た目だけでなく、噛みあわせも悪化する恐れがありました。

After

■治療後
前歯を正常な噛みあわせにするため、約半年間の部分矯正で治療を行いました。そして、その後、他の永久歯は徐々に順調よく生え変わり、正しい噛みあわせに改善されました。

Before

 

 

■治療前
歯並びが悪いだけでなく、下の顎が突き出ている(下顎前突)、いわゆる受け口の状態で、見た目や噛みあわせに悩んで来院されました。

After

■治療後
治療期間が患者さんのご都合で治療が途中で中断し、5年と長引きましたが、治療完了まで最後まで来院して頂き、美しい噛みあわせの歯並びを獲得されました。

Before

■治療前
過蓋咬合という噛みあわせが深い症状です。上の前歯は前に押し出され、出っ歯の状態になり、また正中離開という真中に隙間ができた状態でした。

After

■治療後
約2年間の矯正治療で、噛みあわせを挙げた後に、出っ歯になっている前歯を下げた治療の結果、正しい噛みあわせとキレイな歯並びに改善されました。

side_inq.png